ブログ

PooChes代表 charのプロフィール

自己紹介

ニックネーム:
PooChes代表 char
職業:
PooChes代表
このブログに書いていること:
オリジナルのドッグウエア製作に関する事や、18年一緒にいたアンディに今思うことなど色んな事を書いていきますので、どうぞよろしく!

好きなモノ

趣味は?
スキンケア・部屋の掃除
好きな食べ物は?
練り物・ソーセージ・煮物←これだけあれば概ね生きてゆけます
好きな場所は?
おうちは結構好きです
ネットショップを開店するべく、只今奮闘中です。
こちらではネットショップへアップする前の商品や、お得な情報、これから手掛けるオリジナルドッグウエアの近況などをいち早くアップしていきます。
なぜこのショップをやろうと思ったのかーーーー
今はうちには愛犬がいません。(なのにドッグウエアだよ(笑))私には18年間連れ添った伴侶がおりました。彼の名は「アンディ」といいました。うちには娘(人間ね!)が一人いますが、その娘が4歳の時我が家で飼い始めた犬でした。うちに来て3日は水も餌も食べず、私は泣きながら獣医さんへ駆け込んだものです(笑)その彼の本性は恐るべき身体能力を持ち合わせていた犬でした。ブリーダーさんがこの箱なら大丈夫だよ!といった大きな段ボールは軽々飛び越え、家の中では背中を丸めて走り続け、私は末恐ろしく感じたほどでした。散歩に出かければみんなから大型犬は4,5年経てば落ち着くよーと言われ、5年経ちましたが全くどこも落ち着かず(笑)、体力は人一倍いや犬一倍!どんなに遊んでも疲れない・・そのうちに娘にマウンティング。。。
彼は人間でいういいおじさんの年齢になっても衰えるという言葉とは無縁の体力を持ち合わせていました。一人旅、ベランダからダイビング、まあ他にも色んな思い出を残してくれました。しかし本当は小心者の寂しがりや。特に風は大の苦手!過去のベランダからのダイビングは風が怖かったのがパニックになった理由でした。
こんなに元気が子はきっと不死身なんじゃないか?とずっと思っていたのです。16年経った冬だったかな。ある日、立てなくなった。気持ちは若いつもりでも体は確実に年をとっていたのですね。その年から毎年冬に寒さが厳しくなると体調を崩すようになりました。離乳食におむつという介護が始まり、春に回復し、と繰り返し3年目の冬。。。
この年も寒さはきつかったのですね、例年より目に見えて回復が遅くなりました。それでも、ミルクから離乳食まで回復、春にはまたベランダで日光浴や歩き回るまでに回復したのです。回復時期を見計らって、リハビリを兼ねてパパさんと私+1ぴきの夜の散歩が始まります。
今まで当たり前のようにできていたジャンプや覚えてきたものが殆どできない、目も見えにくくなって道端のグレージングの穴に足がハマるわ、草むらに頭を突っ込んでは枝で顔を傷づけるわ。。嘘のように色んな事が出来なくなっていきました。でも、この時期のアンディは私にとって一番愛おしく感じた時期でした。「老犬てなんて可愛いんだろう。。。」こんなにも可愛いだなんて思っていなかったなと、毎日感じていました。夫婦喧嘩の最中の散歩では彼は何も言わず、ただただ一緒に歩いてくれました。それから間もなく春になって暖かいのに、いつもなら回復していくのに、この年は違いました。もう相当限界だったのだと思います。体はきついけど、みんなと一緒にいることができる事が嬉しくて毎日散歩に付き合ってくれたのだと思います。気温のよい6月4日私の帰宅を待って挨拶もさせてくれました。もう1周忌を迎えます。早いですね。この先もずっと彼の記憶は薄れることはないでしょう。医者嫌いで殆ど獣医さんにお世話になりませんでした。弱ってからも私は絶対に彼の嫌いな医者には行かないと決めていました。きっと入院になるからです。そしたら彼の幸せが減るかもしれない、みんなと最後まで一緒に暮らせた方が幸せなんじゃないかと考えたからです。その通り、彼は最期の最期まで我が家で暮らしました。そんな飼い主さんの為に、家で少しでも楽に幸せに暮らせる商品を・・・がPooChesです。『君が18年かけて教えてくれたこと』を無駄にはしない!私が「PoChes」を始めようとしたきっかけです。みなさん宜しくお願いします。